「性機能不全」タグアーカイブ

シアリスの服用注意事項を解説!

シアリスは主に男性向けに開発された薬で、性機能障害に悩む患者さんに提供されています。 しかし、医薬品であり、過度の使用は薬物依存につながり、誤った使用は効果がないだけでなく、体にけがをしたり、特定の病気を患っている人もこの薬の使用を禁止する必要があります。具体的な注意事項を詳細に説明します。

他の薬の併用注意

シアリスを服用後、他の薬、特に硝酸剤(狭心症の抑制によく使われる)を同時に服用すると低血圧を引き起こし危険ですので、服用しないでください。

心臓が不安定な方、冠動脈疾患のある方、ニトログリセリン系の薬を使用している方には適しません。

この薬は夫婦や恋人同士での使用を目的としており、それ以外の目的では使用しないでください。

もし、シアリスを服用する予定があったら、12時間前後に他の薬を服用せず、過剰摂取しないようにしてください。

腎不全患者の服用注意

腎不全患者を対象としたタダラフィル(5~20mg)の単回投与臨床薬理試験において、軽度(クレアチニンクリアランス51~80ml/min)または中等度(クレアチニンクリアランス31~50ml/min)の腎不全患者および進行した腎臓病の透析患者では、タダラフィルの露出(AUC)がおよそ2倍になりました。

血液透析を受けている患者では、正常者に比べて41%高いCmaxが観察されました。 血液透析はタダラフィルのクリアランスにあまり寄与しなかった。

肝不全患者の服用注意

肝不全患者では、軽度および中等度の肝障害(Child-PughクラスAおよびB)において、タダラフィルのAUCは健常者のそれと同様であった。 したがって、用量調整の必要はありません。

重度の肝不全患者(Child-PughクラスC)における本剤の臨床的安全性に関する情報は限られており、このような患者に処方する場合は、処方医による各患者の慎重なベネフィット/リスク評価が必要です。

肝不全患者における1日50mgを超えるタダラフィルの使用に関する情報はありません。 糖尿病患者におけるタダラフィルのAUCは、正常者に比べて約19%低いです。 この差にもかかわらず、用量調節は必要ありません。

正常者の服用注意

シアリスの効果は、陰茎の勃起を助け、勃起時間を延長することです。心臓病や腎不全のある方は絶対に使用してはいけません。普通の男性は控えめに服用することをお勧めします。そうしないと体に悪い影響を与え、症状を悪化させたり、ひどい場合は服用者の命を危険にさらします。